肥満児ダイエット

肥満児のためのダイエットメニュー

肥満児のためのダイエットメニュー

お子さんには、たくさん食べてすくすくと育って欲しい!と思う親御さんは多いと思います。しかし、何も考えていない食生活をさせていては、いくら学校で体を動かす授業をしていても太ってしまいますよね。そこでまず、お子さんが肥満体型になったときにしてあげられることと言えば、ヘルシーな食事です。しかし、大人のように、綺麗になりたいから!などという強い思いがない子供の場合、ごはんを抜いたり、野菜だけにしたりするのは難しい事です。何より、成長期の子供が偏った食生活をするのは、大変体に悪いことです。そこではじめに知っておいて頂きたいのが肥満児に効果的なダイエットメニューです。ではどんなダイエットメニューが効果的なのか、さっそくみていきましょう!

 

【肥満児ダイエットメニュー】
基本的には高カロリーな食事をしない。ということを頭にいれて朝、昼、夕の食事をみていきます。

 

 

・朝
朝食は一日の始まりです。小学生の場合、朝から友達と鬼ごっこをする、なんてことありますよね。そのため朝食は1日を乗り切るのにとっても大切になってきます。

 

朝、食べる物でおすすめはお米です。お米を食べることで体温が上がり、血流がよくなると言われています。そのため、脂肪燃焼効果にもつながる事になります。
そこでおすすめメニューは

 

ご飯、サラダ、お味噌汁、お魚です。

 

ここでポイントは、朝からお魚を出された子供はテンションガタ落ちですよね。こうなってしまう可能性があるときは、お魚の骨を取り除き、ほぐしてご飯にのせるだけで喜んで食べてくれると思います!

 

昼食
お昼ご飯は基本的に、給食が出ると思います。給食は栄養などがしっかりと考えられ作られています。そこで重要なのが、お子さんに残さず食べるよう勧める事です。

 

夕食
夕ご飯は、子供が一番楽しみにしている時間でもありますよね!そこで、野菜のみの食事を出すのは絶対にやめてください。嫌われる元になるので・・・では、何が喜ぶのでしょうか。やはりお肉ですよね。そこでお肉を使ったメニューをご紹介いたします。

 

ここでおすすめなのが、鶏肉です。鶏肉の中でもささみが一番ヘルシーかつおいしく食べる事ができ、とても人気が高いです。
ではメニューです。

 

ご飯、鶏ささみを使った料理、お味噌汁、野菜を使ったもう一品

 

かなりざっくりしていますので、気になる方は詳しいレシピをご覧ください!いかがでしたでしょうか?子供の場合、味付け一つで嫌いな食べ物が食べられるようになった、という事がよくあることなので、是非アレンジをした食事を提供してあげてください!!

肥満児のためのダイエットレシピ

毎日お子さんの献立を考えるのって本当に大変なことですよね。かといって同じメニューを2日出したときの子供の反応はもちろん悪いですよね。
 そして、お子さんが肥満児になってしまった場合、さらに毎日の食事を考えるのが大変になります。
そこで今回ご紹介したいのがとっても簡単で低カロリーなのに、子供が大好きな味の
ダイエットレシピです!

 

 

・キャベツたっぷりとんこつしょうゆうどん

 

こちらは私が料理をするときによく使っている「エバラプチっと鍋」を使用したレシピと
なっています。こちらを使うことにより、時短かつとってもおいしく仕上がることができます。時間がない方には是非使ってほしいと思います。
ではさっそくみていきましょう。

 

【材料】
エバラプチっと鍋とんこつしょうゆ味
キャベツ4分の1
豚肉適量
うどん半玉

 

@ まず小さめの鍋にプチっと鍋のとんこつしょうゆ味を入れ、水を150ccの気持ち多めをいれ、火にかけます。
A その中に脂身をなるべくとった豚肉、キャベツを4分の1にカットし食べやすそうな大きさに切り鍋に入れます。
B キャベツがしんなりしたらうどんを半玉いれ、ほどよいやわらかさになったら完成!

 

うどん半玉だとお腹いっぱいにならないのでは?と思われると思いますが、キャベツを
たっぷり入れているため、こちらの量で充分満腹になると思います。

 

私は豚肉以外にもつみれを入れることがあり、つみれでもとってもおいしく頂くことができます。つみれは是非手作りで作ることをお勧めします!その方が、カロリーも調整できますので、よりお子さんのダイエットに効果が出る事と思います。

 

サラダチキンでトマト煮

 

続いてご紹介するのは、セブンイレブンで話題の商品、サラダチキンを使ったレシピです。マッチョなお兄さんたちがよく食べているこちらの商品は、お子様でもおいしく食べる事ができます!

 

【材料】

  • セブンイレブンのサラダチキン
  • コンソメ
  • 塩コショウ 適量
  • 玉ねぎ 半分
  • トマト缶

 

  1. 玉ねぎをみじん切りにしほんの少しのオリーブオイルでいためます。その中にトマト缶と水を加え、沸騰したらコンソメ、塩コショウを適量いれます。
  2. そこへサラダチキンをいれて煮込みます。
  3. 最後にまた、塩コショウで味を整えてできあがりです!

 

とっても簡単ですよね!私は出来上がったチキンの上にとろけるチーズをのせてよくたべています。チーズを入れると、よりお子さんが好きな味になると思います。しかし、チーズもあまりに多い量いれてしまうと、カロリーが高くなってしまうため、調整してかけてあげてください!

 

いかがでしたか?ズボラな私はこういった便利な食材、調味料を使っておいしいダイエットのご飯を作っています。是非お子さんに作ってあげてください!

 

肥満児ダイエットを成功させる方法

みなさんは最近、肥満とされる子供が増えていることをご存じですか?子供は成長期だからたくさん食べさせたい、と思っている親御さんも多い事と思います。しかし、そうやって甘えさせていては自分の子供まで肥満児になってしまいます。そこで今回は、肥満児と判定されたお子さんのダイエット方法をご紹介いたします。

 

肥満児のダイエット方法の前に

 

親御さんに知っておいて頂きたいのが、本人は自分が太っている事に気づいていない事があります。思い込みで人間は自分を変えることができるため、鏡を見ても、少し太ったかな?と思っていれば、肥満ではなくぽっちゃりと思ってしまうのです。しかし、そこでお子さんにはっきりと「肥満だからダイエットをしよう」なんて言ってしまうと、本人はとっても傷つくと思います。
そこで今回は本人には、はっきりと言わずにダイエットをサポートしてあげる方法を紹介したいと思います。ではさっそくみていきましょう。

 

肥満児ダイエット方法

 

大人のように我慢をすることが難しい子供にはダイエットをしている、という自覚をさせずに、痩せられるような方法がよいでしょう。そこで今回ご紹介するのは、食事をするときに使えるダイエット方です!運動ではないのか?と疑問に思われる方も多いと思いますが、運動は学校の授業で必ずあるため、お子さんの生活で見直すべき事は食事にあると思います
そこでしていただきたいのは・・・

 

【よく噛んで食べさせる、会話を多く取り入れる】

 

こちら2つになります。なぜこの2つが効果的なのかですよね。それは、こちらの2つをすることによりお子さんの食べるペースが遅くなり、満腹を早く得ることができるためです。だいたいに肥満になられるお子さんに多い傾向は「早食い」という事です。早食いはよく噛まずに食べるため、より多い量を食べてしまいます。しかし、よく噛んで食べる事により、満腹中枢という脳の視床下部にある神経を刺激することができ、満腹感を噛めば噛むほど得ることができます!

 

そして、さらに会話を多く取り入れることにより、食事をすることに全神経を集中させる、ということが出来なくなります。人の話を聞き、自分もそれに対して返答するため、手がとまりますよね。そのため、いつもは食べるのが早いお子さんでも会話に集中させることにより、以前よりは食べる量も減ると思います。

 

子供の場合、「〇〇しなさい!」と言われるとやる気を落としてしまうことありますよね。私自身、幼い頃は親のいう事になぜ従わなければならないのか?と反発心を持っていました。
是非、お子さんに気づかせないようなダイエットサポートをしてあげてください!

ホーム RSS購読 サイトマップ